田宮流居合術元和会 目黒元晃支部のブログです。和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。次の連絡先までご連絡ください。 <義仙会 石原> e-mail:tomo314@jcom.home.ne.jp

2017年5月17日水曜日

5月16日 居合稽古

少し間がいて稽古に参加される会士への指導…
指導する側として、しばし斬り下ろしなど基本の動きや形などの動きを見ます。
その剣士の一番良かった頃の状態は記憶しているもので、しばしウォームアップをチラリと見つつ…
1時間位経過すると何となく蘇ってきて…その段階でアドバイスをおこないます。
「過去の動きに戻すアドバイス」と「これからやらねばならないアドバイス」
 どうして前者が大半となってしまいます。
物事はやればやるほど気付くことが多くなり 益々奥が深くなっていきます。
しばし稽古に参加出来ずとも、日本文化の伝承士として辞めずに続けましょう。
継続は力なり!

石原、藤沢、田中、後藤、佐藤、古山
記/長塚








2017年5月15日月曜日

5月12日 居合稽古

今日は5/21大船まつりの下打合せを行いました。
地面または路上での演武は武士にあるまじき土下座を回避するため座居合を立技にアレンジします。
アレンジ技を馬場講師のもと下浚いをおこないました。
次は基本稽古、柄手の使い方 筋肉の使い方、小指薬指の締め方を理解し
実践することで正確な刀の振り方を習得出来ます。
頭からしっかり指先に命令し部位を動かさねばなりません。
地味でシビレる稽古ですが道が開けること間違いありません。

石原、馬場、藤沢、北田、山野、佐藤、古山、金井さん(特別参加)
記/長塚












2017年5月5日金曜日

5月2日 居合稽古

出席者が少ない時は 教科書(通称 黒本)の解説と写真を参考に勉強出来る 機会でもあります。
技の統一による若干の変更はあるものの 大いに参考となる記述であることに違いはありません。
特に基本的な動きを再確認するのにとても重要な教えが書き込まれています。
腰詰め  柄の握り  目付けなどなど基本無くしては上達が遅くなります。
参加者全員で、記載事項を確認しながら丁寧に繰り返し確認しました。

馬場、藤沢、拓海、古山
記/長塚







2

2017年5月1日月曜日

4月27日 居合稽古

写真はとても重要です。
自分の姿を写して手本と見比べて修正すると稽古の効果が上がります。
撮って頂いた写真をよく見てステップアップしましょう!


石原、馬場、藤沢、佐藤、拓海、立谷、古山
記/長塚










2017年4月26日水曜日

4月23日 田宮流居合術 元和会「全体講習会」横須賀にて

「田宮流居合術 元和会」の本年1回目の「全体講習会」が開かれました。
午前中は宗家先生による1本目から5本目、今回はさらに8本目までの
模範演技と注意点をご指導いただきました。

次の講習会は秋の予定です。
そしてその後間も無く11月には昇段審査会となります。
各自、自分へのテーマを確認し、苦手な分野を早めに克服しましょう。



午後からは段位別に分かれての講習。
各グループ、それぞれ熱心なご指導を受けました。