田宮流居合術元和会 目黒元晃支部のブログです。和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。次の連絡先までご連絡ください。 <義仙会 石原> e-mail:tomo314@jcom.home.ne.jp

2016年9月24日土曜日

9月20日 居合稽古

少年組の直太朗君、一生懸命に頑張っています。
先生の指示の通りに動けるようになるまで、あともう少し。
一層努力して次の全体講習会に参加出来るように稽古に臨みましょう。

成年組は技中における基本の動作を稽古した後、二本目からの要点について稽古しました。
焦って或いは急に動くとなかなか修正しにくいものです。
確認しながらしっかりと身に付けていきましょう。

本日は大橋さんが体験にきてくださいました。
太極拳をやっていたということでやはり体幹がしっかりしていて、驚くほど覚えが早いです。
入会して頂くことになりましたので、皆様よろしくお願いいたします。

石原、馬場、藤沢、ガブリエル、佐藤、直太朗、大橋さん(体験)
記/長塚










2016年9月8日木曜日

9月6日 居合稽古

稲妻を主に稽古をおこないました。
構えの動作に入ったら動きを止めることなく一挙動にて斬り終える。
上体下体腕脚などを止めることなく一挙動で切り終えるまで動かす。
繰り返して身につける他に手段はありません。
繰り返しての修練が必須です。
頑張りましょう。

石原、二村、馬場、藤沢、ガブリエル、後藤、佐藤、直太朗、悠貴
記/長塚







2016年9月2日金曜日

8月31日 居合稽古

一本目稲妻の基本的なポイントの再確認とツボとなる身体部位の使い方を稽古した後
1〜5本を続けて繰り返しました。
目付け個所の移動のためには敵の状況 敵の身体位置の変化を理解しなくてはなりません。
一つひとつ身に付けていきましょう。

石原、二村、馬場、藤沢、北田、山野、後藤、佐藤、直太朗、悠貴
記/長塚












2016年8月26日金曜日

8月23日 居合稽古

9/11靖国神社奉納演武会の下浚いをしました。
経験者も多いので各位要領が分かっていてスムースに進行しました。お疲れ様でした。
当日は演武だけでなく、早朝から夕方までの運営となります。
参加団体各位に気持ち良く参加出来たと思っていただける様、気配りと率先行動をお願い致します。
基本の操作の一つ「上段への構え」 刀身や柄手の描き通る道筋ラインは
「東京タワー」をイメージしておこない、高めの斬り上段の位置へ正確に移行しましょう。

石原、二村、馬場、藤沢、ガブリエル、田中、北田、佐藤、直太朗、悠貴
記/長塚










2016年8月18日木曜日

8月16日 居合稽古

今日は指導書「1人稽古…」に基づき動きの壷を確認しました。
文字で操作を表現するのは困難なものです。
動作中なのか・動作の終盤なのか・一瞬の停止の状態なのか、
どの状態での身体の使い方を文字化しているのかよく理解して読まねばなりません。
文字化されたルールである「成文律」と口伝と言われる文字化されていないルールである「不文律」。
「律のある動作」を一つひとつ身に付けて階段を昇っていきましょう。

馬場、藤沢、ガブリエル、佐藤
記/長塚




2016年8月12日金曜日

8月9日 居合稽古

基本技1から5の各ポイントを繰り返しました。
身体に任せて動くのではなく、一つひとつ「動かす」意識で部位を動かす。  目付けも然り。
そろそろ、一週間が経過する毎に「目覚ましく上達した」と言える身体使いをアピールしてくれることを期待します。
暑中、稽古怠ることなく!

石原、藤沢、ガブリエル、北田、後藤、佐藤、拓海、悠貴
記/長塚




2016年8月8日月曜日

8月4日 居合稽古

少年組、メルボルン帰りの直太朗、色々な経験をして、一回り大きくなりました。
10月の元和会全体講習会への参加のため一生懸命に稽古しています。
少年は長く集中することが難しいけれど、それも試練という壁の一つ。頑張れ直太朗!

成年組、回り掛かりと胸の刀をおこないながら「間」の稽古をおこないました。
「間」は細かな操作が出来れば出来るほど「間」が取りやすくなります。
されど細かな操作が出来るようになるにはたくさんの稽古が必要です。
共に頑張りましょう!

馬場、藤沢、北田、後藤、佐藤、直太朗
記/長塚