田宮流居合術元和会 目黒元晃支部のブログです。和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。次の連絡先までご連絡ください。 <義仙会 石原> e-mail:tomo314@jcom.home.ne.jp

2017年3月22日水曜日

3月21日 居合稽古

足の運び、腰詰めの正し方、刀の振り方…どれ一つ取っても奥が深く、
一朝一夕にはならぬものがあります。  とにかくやってみることが大事です。
 納刀も然り。
微細な体の使い方  その感覚を引き出し身体に覚えこませる…
焦らずにジックリと取り組んでいくことが肝要です。

石原、馬場、藤沢、古山、直太朗、悠貴
記/長塚










2017年3月18日土曜日

3月14日 居合稽古

今日は馬場講師が初級組、長塚講師が上級組の二組に分かれて稽古をおこないました。
武も文も上級となると学ぶ内容がとても細かく、
心と体が共に鍛錬されていないと指導の内容に追い付けません。
初級に限らず同レベルごとに指導内容を合わせた方が教わる側の上達は早いものです。
今後も、出来るだけ適切な指導内容を心掛けて稽古をしてい来ますので、
講師の皆様のご協力をお願い致します。

所、石原、馬場、藤沢、ガブリエル、アレックス、佐藤、直太朗、立谷、湯本、古山
記/長塚









2017年3月8日水曜日

3月7日 居合稽古

今日は会士の集まる時間まで、3/20の新宿伊勢丹会館6階レストランシアター
「ガルロチ」出演の下さらいをおこないました。
当日の甲冑武技、鎧兜の落とし、ステージの演出などを確認しました。
完全装備で約30kg、舞い続けること2度、本場舞台の高さ制限による中腰での動き回りは相当な厳しさを改めて痛感しました。

「能×武×フラメンコイベント」はメールフォームからご予約ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5e02c099493749
お問い合わせ:reserva@garlochi.net)
garlochi.net
03-5361-6125





会士も集まり稽古の開始。
巨漢の体躯に恵まれた剣士は強い腕力などの筋肉で居合の動作を行ってしまう。
そのため身体中心の体幹を柔らかく使う重要な身体使いの意識が薄れてしまう。
柔らかく強くリラックスした状態で身体を使いつつ居合を風振る。
どこまで辿り着けるか、同舟歩的、同じ的に向かって一緒に歩みましょう!









所、石原、馬場、藤沢、ガブリエル、アレックス、山野、後藤、佐藤、直太朗、古山
記/長塚

2017年3月1日水曜日

2月23日 居合稽古

今日は稲妻から胸の刀の五本における「斬る」動作の部分を中心に稽古をおこないました。
肩 二の腕 肘 一の腕 手首 体中心 …各部位の同調を適確におこなって、初めて斬る位置を斬ることが出来ます。
瞬間的な時間の中で適確におこなうためには刀を何度も何度も振り込まないと体得出来ません。
最期は表の技11本を全員でおこないました。
初稽古の古山さん、そして入門間もない湯本さんと立谷さん、技を覚えていきましょう。
ルイージさんは体験稽古で参加しました。

所、石原、二村、馬場、アレックス、拓海、佐藤、立谷、湯本、直太朗、古山、
記/長塚









2017年2月20日月曜日

2月16日 居合稽古

今日は所先生が少年組の指導、石原先生と馬場先生が入門組の指導をおこないました。
講師の人数が多くなり、より稽古の内容が充実してきました。
同じ指導内容であっても指導者毎に表現の方法が異なり、
教わる側の会士にとっては発信側と受信側のチャネルがピッタと合う機会が増え、
バラエティー度が格段に上がります。

見学の古山さんもご入会頂き有難うございます。
昨年の秋から4名が新規に入門されました。
歳は違えど同級生です。
一緒に豊かで楽しい時間を過ごしましょう!

所、石原、馬場、藤沢、田中、佐藤、直太朗、拓海、立谷、湯本、古山(体験)
記/長塚