田宮流居合術元和会 目黒元晃支部のブログです。和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。次の連絡先までご連絡ください。 <義仙会 石原> e-mail:tomo314@jcom.home.ne.jp

2017年1月18日水曜日

1月17日 居合稽古

今日は参加者少数。
ということは…密度の濃い稽古が受けられるということで…
ウインターフェスティバルの下稽古を兼ねて刀の操作と基本技の勉強。
ベテラン組へのアドバイスは入門組にもとても有効ですが、
その内容は稽古を積んできた剣士にしか理解できないこともあります。
入門組もベテラン組と一緒に頑張って汗をかきました。

二村、馬場、ガブリエル、立谷、直太朗、悠貴、湯本
記/長塚










2017年1月16日月曜日

1月13日 居合稽古

謹賀新年
本日は新年初稽古です。


稽古初めは今月 1月末に行なわれる目黒区ウインターフェスティバルに向けての準備。
昨年に入会された立谷さん、大橋さん、湯本さん、
それぞれに講師が付いてマンツーマンでの下稽古を行いました。
少年組の直太郎剣士と悠貴剣士には石原講師が付いて技の正確度を高めるべく熱心な指導が行なわれていました。
フェスティバル本番には、素晴らしい演武が披露出来るでしょう。
全員で基本技一本目から五本目を連続5回繰り返し、神前への終礼をもって初稽古を納めました。

皆さん本年も大勢の方々に幸せを配れるよう、頑張って励んで参りましょう!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

石原、馬場、藤沢、桑原、佐藤、立谷、大橋、湯本、直太朗、悠貴
記/長塚









2016年12月28日水曜日

12月27日 居合稽古

今日は今年最後の稽古です。
一年間を顧みつつ一本目稲妻から五本目胸の刀まで、この技の「ここぞの一箇所」を総括しました。
指導者としては、手の内や身体の同調など多分に感覚的な動作を言葉で伝えることの難しさを痛感した一年でもありました。
…ということは。  門人の皆さんの技量が上がった証拠です。
それは門人の皆さんの努力以外に理由はありません。
また来る年も世のため人のために尽くせる伝統文化活動に一緒に全力をぶつけていきましょう!
一年間ご苦労様でした!

二村、藤沢、後藤、佐藤、宮久、立谷、直太朗
記/長塚









2016年12月22日木曜日

12月20日 居合稽古

少年組2名も一緒に基本の動作を稽古。
テーマは変わらず、「斬る箇所を斬り手でその部位に当て、
その後はしっかりと納める位置で斬り納める」こと。
肩 肘 手首 上体 腰 下腿の動きを意識してバランスよく動かし一致させること。
まずは見よう見まねで。 
見る目を養うのも奥が深く…   一緒に頑張りましょう!

石原、馬場、藤沢、ガブリエル、桑原、北田、後藤、宮久、直太朗、悠貴、湯本
記/長塚








2016年12月15日木曜日

12月14日 居合稽古

「武家のたしなみ」武家文化塾の常連さんである湯本さんが見学に来て下さいました。
義仙会の面々には馴染みもあり、初めての見学とは思えませんでした。
今日は操刀の基礎と基本的な身体の使い方を中心に稽古。
その後、基本技五本を説明を交えながら稽古しました。
形の持つ状況を理解することはとても大切です。
これから何度も何度も繰り返し説明し指導致します。
湯本さん、入会して頂き有難うございました。
其道をゆっくりと時間をかけて極めましょう!

馬場、藤沢、桑原、北田、佐藤、宮久、大橋、立谷、直太朗、湯本さん(体験・見学)
記/長塚













2016年12月13日火曜日

12月9日 居合稽古

本日の参加者  
男→石原  佐藤 直太朗
女→馬場  立谷  大橋  松坂さん(見学・体験)
女子率高し!

入門時におこなう稽古…「着付け」「握り方」「歩み」「構え」「立ち方」「座り方」「振り方」など
身体各部位を同調させる動きの前に単純な身体操法がある。
それは全てのはじまりの基礎。
こういう指導をさせて頂く機会は、指導者自身が基礎を省みるとても重要な時間となります。
基礎的動作…大切です。

記/長塚